彼女との関係が危うかったあの時。

あの頃付き合っていた彼女との関係がギクシャクしてしまい、どこかへ行こうと誘っても片っ端から断られ続けるばかりでした。
それでも彼女を疑う事など選択肢に有るハズも無く、「仕事が忙しい」との断りの理由をそのまま信じていました。
ですが1人ボンヤリ自室で過ごす休日も詰まらないと、1人で気分転換にとカラオケに出掛けました。

向かったカラオケ屋のカウンターで受付を済ませ、何気無く机上に目をやったその時、彼女の独特の癖字で書かれた彼女の名前を見つけました。
「会社の仲間と来てるのかな?」と気にしつつも、指定の自分の部屋へ向かいました。
途中とある部屋から彼女の声が漏れて来たのを耳にしましたが、敢えてスルーしたのはその時点では当然の事でした。

ドリンクバーで飲み物を取りに行ったその時、先に居た見知らぬ男性と入れ違いになりました。
その男性はさっき彼女の声が聴こえた部屋へ入って行きました。
さすがに気になったので通りすがりに窓越しに中を伺うと、彼女とその男が2人寄り添っているところでした。
僕は慌てて自分の部屋へ戻り、速攻で彼女の携帯に電話しました。
当然彼女は電話に出る事も無く、僕は結局飲み物だけを一気に飲み干し、逃げるように帰宅するだけでした。

後日問い詰める間も無く、その事実をあっさり認めた上に「別れて欲しい」とズバリ一言。
謝ってくれる事を期待していただけにショックは更に大きく、結局その日が最後になってしまいました。
自分の何が悪かったのか、今でも理由が分からぬままです。

これは私が20代前半での浮気の出来事です。

夜の仕事をしていた時で従業員の送迎をしていた時です。偶然ホテル街の住宅に住んでいた従業員でホテルの前を通っていると、見たことのある女性がタクシーから男性と一緒に降りてきました。その女性は、当時付き合っていた彼女でした。「何をしている」と声をかけたら私に向かい「なにをしている」と質問返し。
仕事で送迎をしていると回答しましたが彼女は無視して男とホテルに入って行った。従業員を送ってからイライラしていたのでホテルに突入。部屋まで行って問い詰めてみた。すると男は私と一緒に働いてる従業員の知り合いでした。ひとまず彼女を連れて帰りました。何故か逆キレされる。彼女の言った一言が「二人きりで静かな所で飲み直そう」といった訳でホテルへ行ったと。今後はそういうことはしないと言ったので今回は許しました。
2日後には友達と飲みに行くと言って外出して朝になっても帰ってこない。彼女の携帯に何度連絡してもつながらない始末。10回ほど連絡してやっと電話に出た。ですが電話にはあの男が出て「別れた」と彼女から言われていたということでした。そのあとに彼女が帰宅。別れ話があったので別れました。彼女は実家に帰り翌日になって、やり直したいと戻ってきました。それから数年仲良く過ごしましたが、お互いの気持ちに相違が出て別れました。もう女性を信じることができなくなりました。

以前から約束をしていたデートを突然キャンセル。

自分と付き合っていた彼女の話になります。
ある日曜日に以前から約束をしていたデートを突然キャンセルされてしまいました。自分は待ち合わせ場所で待っていたので少しどこかで遊んでから帰ろうと思いました。すると友人から電話がかかってきたのです。その友人の会話では自分とは真反対の所で彼女が知らない男と歩いていたのを見たということでした。
その友人はは幼馴染で彼女のことや親戚全員のことを知っていました。
以前から予定していたデートをキャンセルされたことや知らない男と真反対の場所にいるということが、おかしいと思い友人に様子を見てもらうことにしたのです。すると友人からメールが届きました。
そのメールの内容を見て自分は頭が真っ白になりました。浮気は確実だったので後日自分と友人と彼女の3人で話をしたのです。
自分「お前、俺とのデートキャンセルして○○で男といただろ?」と軽く聞いてみました。ですが彼女は知らないの一点張り。友人に写メも送ってもらっていたので、その写メを見せると泣きながら浮気を認めました。浮気した理由は自分とは違うタイプの男とも遊んでみたかったという好奇心だと言っていました。
彼女を大切にしていただけに、とても悲しかった出来事でした。これから彼女を信用していけるのか不安になりました。一度こんなことがあると信頼関係は崩れてしまいました。

付き合っていたパートナーの浮気を発見しました。

以前に付き合っていたパートナーの浮気を発見した時のエピソードについて書いてみようと思います。
付き合い始めたのは、バレンタインデーにパートナーから「好きです」と告白されたことがきっかけとなりました。その後デートを重ね、両想いにの状態になりました。そして、数年経過した頃に少しマンネリ気味になってきた気がしました。特別に別れるわけでもなく今まで通りの付き合いを続けていました。
ですが、ある日パートナーが、見知らぬ男性と一緒に歩いてる姿を目撃してしまいショックを受けました。しばらくの間「たまたま一緒に歩いてただけで恋愛関係ではない」と自分に言いきかせて現実逃避をしていたのですが、疑心暗鬼に陥ってたままでは良くないと思い、質問することにしたのです。
パートナーの答えは「バレエ教室の帰りに、同じ教室のダンサーと方向が同じだから、途中まで歩いてただけ」とのことでした。でも、自分が見た光景は、いかにも幸せそうな様子で楽しげに話してたので、この答えを信じることができませんでした。
その後もパートナーの関係はしばらく続きましたが自分の心のどこかに、疑念が残っている状態だったのでギクシャクしている様子が分かって自然に連絡頻度も少なくなって、次の年には関係は自然消滅していました。今思えば、自分の心の奥底にしまっておけば良かったと後悔しています。ただ単に何でも正直に話すことが最善の選択ではないと思い知らされました。

20歳の別れを振り返って。

20歳当時のバイト先の女の子との交際が始まり、出会いから直ぐに意気投合した事もあり、毎日がハッピーでした。
ちなみに当時の私はバンド活動とバイトの掛け持ちの毎日で、彼女はダンスに打ち込んでいました。
互いに忙しい毎日でしたが、出来る限り時間を作ってデートを重ねていました。

そんな毎日が気づけば5年も経過してしまい、さすがに「ずっとこのままではダメだ」と焦りを覚え始めました。
一旦バンド活動に踏ん切りをつけ、ルートセールスの仕事に就きました。
ようやく仕事にも慣れたある日の事、いつも通りの配達途中、日暮里駅前で彼女を偶然見掛けたのですが、何と物凄い高級車の助手席から降りて来るところだったのです。
驚きつつも車内を確かめると、結構な年のオッサンが運転席に。

本当なら駆け寄りたかったのですが、それも出来ないロケーションだったので、取り急ぎ彼女の携帯に電話をかけました。
何度も何度もかけ直しましたが、彼女は電話に出ようとはしてくれませんでした。

結局その日は何も確かめる事が出来ず、その日を境に連絡が取れなくなってしまいました。
おそらく彼女も私の存在に気づいていたのでしょう。
そのまま自然消滅的に、私の5年間の恋はフェードアウトしてしまいました。
それにしても・・・あの不細工なオッサンと桁外れの高級車と大好きだった彼女の組み合わせを目の当たりにした、あの時のショックは月日が流れても失せる事はありません。

ニセ探偵の浮気調査詐欺に要注意!

〜詐欺の手口〜

浮気調査 詐欺マンガ1


浮気調査 詐欺マンガ2

全国対応できる大手4社の比較表

大手探偵事務所・興信所4社を比較しました。


大手探偵4社の比較表


総合探偵アムス

総合探偵アムスの詳細はこちら


ISM調査事務所

ISM調査事務所の詳細はこちら


総合探偵社TS

総合探偵社TSの詳細はこちら


原一探偵事務所

原一探偵事務所の詳細はこちら


総合的に、原一探偵事務所がおすすめです。ただし、料金は安くありません。

※1日あたり8万〜の、8万円で済むのはかなり簡単な調査に限られます。一般的な調査では20万/1日はかかると考えた方がよいです。その分、調査成功率が高く、短期間で済むことでトータル安くなるケースもあります。


実績・調査力はダントツNo.1なので、原一は必ず候補に入れましょう。

原一探偵事務所の詳細はこちら